読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥をかかないための最低限のスキンケアジプシー知識 

ヒマなアラサーOLが何気ない日常と大好きな美容と健康維持の情報をかなりマイペースに更新しています。

本日も得した気分になる?ふっくら素肌になるケアの事を書いてみます。

それはそうと「顔に化粧水をつける際に、基本的に100回手で入念にパッティングするという説を見かけますが、このようなケアはやめた方が無難です。敏感な肌をお持ちの場合毛細血管が切れて毛細血管拡張症(赤ら顔)の引き金となる可能性があります。」と、いう人が多いとの事です。

なんとなく文献で探した限りですが、「皮膚の上層には、ケラチンという硬タンパク質の一種で構成された角質層と呼ばれる部分が覆うように存在しています。その角質層の細胞の間を充填しているのが「セラミド」という細胞間脂質の代表的な成分です。」な、いわれている模様です。

本日ネットで集めていた情報ですが、「実際の化粧品関係のトライアルセットは数多いブランド別や多彩なシリーズごとなど、一式の体裁で大抵のコスメメーカーやブランドが売り出していて、ますますニーズが高まっている製品と言われています。」と、結論されていらしいです。

素人ですが、検索で集めていた情報ですが、「細胞増殖因子と呼ばれる有効成分を含むプラセンタは絶え間なく若くて元気な細胞を作るように促す力を持ち、内側から身体全体の端々まで個々の細胞から肌や全身を若さへと導きます。」のように解釈されているとの事です。

ちなみに今日は「ヒアルロン酸とは最初から人間の身体の至る部位に含まれている物質で、ひときわ水分を抱き込む優れた能力を持った生体由来の化合物で、極めて多量の水を貯めておく性質があることが知られています。」のように提言されている模様です。

たとえば今日は「セラミドを料理とか健康補助食品・サプリなどの内部からと、美肌用化粧品などの外部から身体に摂ることを続けることで、理にかなった形で若く理想的な肌へと向けていくことが可能であろうと考えられるのです。」のように提言されているらしいです。

それで、ヒアルロン酸の水分保持機能に関することでも、セラミドが角質層において首尾よく皮膚を守る防壁機能をサポートしてくれれば、皮膚の保水機能がアップし、より期待することができます。」と、いう人が多いそうです。

私がネットでみてみた情報では、「1gで6リッターの水分を保持することができる能力を持つヒアルロン酸は、皮膚だけでなく色んな場所に大量に含まれており、皮膚の中の真皮と言う部分に多く含まれているという特色を有します。」のようにいわれているとの事です。

今日色々みてみた情報では、「アトピー性皮膚炎でダメージを負った肌の治療に使う場合もある注目の保湿成分セラミド。このセラミドを配合して作られた刺激性の低い化粧水は保湿効果が高く、ダメージを与える因子から肌をしっかりと守る大切な作用を強くしてくれます。」と、いう人が多いみたいです。

そのため、一般的な大人の肌トラブルのきっかけの多くはコラーゲンが十分に足りないことだと思われます。肌のコラーゲンの量は年を追うごとに低下し、40代を過ぎると20代の頃と比べて5割程しかコラーゲンを合成することができません。」のようにいう人が多いと、思います。