読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥をかかないための最低限のスキンケアジプシー知識 

ヒマなアラサーOLが何気ない日常と大好きな美容と健康維持の情報をかなりマイペースに更新しています。

今日も、若々しい素肌ケアの事を書いてみる。

そうかと思うと、美容液という名のアイテムは肌の深い部分までぐんぐん浸透して、肌を内部から活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の最大の役目は、他の化粧品では届くことができない表皮の下の「真皮」まで必要な栄養分をしっかり送ることだと言えます。」な、いう人が多い模様です。

さて、私は「潤いを保つための重要アイテムである化粧水を肌に塗る時には、最初に適量を手のひらのくぼみに取り、体温で温めるような感じをキープしつつ掌に大きく伸ばし、顔全体にムラなくやわらかく塗布してなじませます。」のようにいわれているみたいです。

ともあれ今日は「優れた保湿成分として有名なヒアルロン酸は細胞間組織に広範囲に分布し、健康な美肌のため、高い保水能力の保持とか吸収剤のように衝撃を緩和する役割を果たし、個々の細胞を守っています。」な、いう人が多い模様です。

それはそうと私は「肌に備わっている防護機能で潤いを守ろうと肌は頑張るのですが、その優秀な作用は加齢によって低下してくるので、スキンケアの際の保湿で必要な分を追加してあげることが必要になるのです。」のように結論されてい模様です。

本日ネットでみてみた情報では、「水以外の人体の約50%はタンパク質で占められ、そのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンの持つ重要な役割は全身のあらゆる組織を構築する構成部材になっているという所です。」と、解釈されている模様です。

なんとなく色々みてみた情報では、「皮膚表面にある表皮には、ケラチンという硬タンパク質の一種より作られた角質層と呼ばれる膜で覆われている層が存在します。この角質層を形成している角質細胞の間をセメントのように埋めているのが「セラミド」と名付けられている細胞間脂質の一つです。」のようにいう人が多いとの事です。

こうして「わざわざ美容液を使わなくても、若々しい美肌を保ち続けることができれば、それで結構でしょうが、「なにか足りない気がする」と思うのであれば、年齢のことは関係なく毎日のスキンケアに取り入れてみてはどうでしょうか。」な、考えられているそうです。

今日ネットで探した限りですが、「化粧水を顔に使う際に、およそ100回ほど手で叩くようにパッティングするという指導をよく目にしますが、この使用の仕方はやめた方が無難です。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管が刺激され赤ら顔・毛細血管拡張症の誘因となります。」と、提言されている模様です。

むしろ私は「皮膚の表層には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質より作られた角質層と呼ばれる一種の膜で覆われている層が存在します。この角質層の中の角質細胞の隙間に存在するのが「セラミド」と名付けられている生体内脂質の一つです。」だと解釈されているようです。

私がサイトで調べた限りでは、「プラセンタは自然界において他には含まれない成長因子を多く含むため休むことなく元気な若い細胞を作り古いものと入れ替えるように促す力を持ち、体の中から端々まで細胞レベルでダメージを受けた肌や身体を若々しくしてくれます。」と、いわれているとの事です。