読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥をかかないための最低限のスキンケアジプシー知識 

ヒマなアラサーOLが何気ない日常と大好きな美容と健康維持の情報をかなりマイペースに更新しています。

ヒマをもてあましてマイナス5歳肌を保つ方法の事を書いてみます。

なんとなく色々集めていた情報ですが、「コラーゲンという成分は、人間や動物の身体を形作る何よりも一般的なタンパク質であって、皮膚や軟骨など、生体内の至る部分に分布しており、細胞や組織を支えるための接着剤のような大切な作用をしています。」と、いう人が多いようです。

それはそうと今日は「水以外の人体のほぼ5割はタンパク質で占められていて、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの重要な働きとは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨などを産生する構造材になる点です。」と、提言されていると、思います。

そこで「セラミドは皮膚の角質層内部において、細胞間でまるでスポンジのような役割で水分と油をしっかり抱き込んでいる脂質の一種です。肌や髪の毛の瑞々しさの維持に欠かすことのできない働きをするのです。」だと解釈されているみたいです。

今日検索で集めていた情報ですが、「美容液を使用しなくても、潤いのある美しい肌を維持できるのであれば、それでOKと想定されますが、「なにかが物足りない」と考える場合は、年齢のことは関係なく通常のお手入れの際に取り入れてはいかがでしょうか。」のように考えられているとの事です。

本日サイトで集めていた情報ですが、「定評のあるコラーゲンという成分は、動物の身体を形作る何よりも主要なタンパク質であって、皮膚、筋肉、内臓、骨、関節、眼、髪など全身の至る箇所に分布しており、細胞を支えるための接着成分のような重要な作用をしていると言えます。」だという人が多いようです。

素人ですが、サーチエンジンで調べた限りでは、「市販のプラセンタにはどの動物由来であるかの相違とその他に、日本産と外国産が存在します。徹底的な衛生管理がされる中でプラセンタが生産されているため信頼性の高さを望むなら推奨したいのは当然国産プラセンタです。」な、いう人が多いらしいです。

ちなみに今日は「ヒアルロン酸は乳児の時に最大で、30代以降は一気に減少していき、40歳を過ぎると乳児の頃と対比してみると、およそ50%まで激減してしまい、60歳代ではかなりの量が失われてしまいます。」のようにいう人が多いらしいです。

さて、今日は「コラーゲンというものはタンパク質の一つであり、グリシンプロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が集合体となって構成されている化合物のことです。人体の結合組織を構成する全タンパク質のうち約3分の1がそのコラーゲンで構成されているのです。」だと提言されている模様です。

今日検索で探した限りですが、「プラセンタを配合した美容液と聞けば、加齢によるトラブル肌の改善や色素沈着の改善による美白効果などの印象の方がより強い一段上の美容液ですが、赤く腫れて目立つニキビの炎症を緩和し、ニキビ痕対策にも明らかに有効と巷で人気になっています。」のように考えられているそうです。

なんとなくサイトで調べた限りでは、「ほとんどの市販の美肌用化粧品や健康補助食品に入っているプラセンタは馬や豚が原料になっているものが使用されています。安全性の高さの点から判断した場合、馬や豚が由来のものが非常に安全に使えるものだと思います。」な、提言されているとの事です。